イギリス旅行(1997/12/30-1998/1/4)

最終更新日:2002/08/15

(スキャナ取り込みからFUJICOLOR CDに変更し、画質アップしたはず。写真をクリックすると大きくなります。)


年末年始、妹が1年だけ留学していたイギリスを訪ねた時の写真です。
ロンドン→リバプール→バースと廻りました。6日間だったので非常にハードだった。

写真がない所についての一言コメント:

ミュージカル ... 「オペラ座の怪人」を見た。飛行機で単行本を読んで予習したので内容はなんとなくわかったが、聞き取りはつらい。でも、言葉がいまいち分からなくても音楽(ファントムとクリスティーヌの美声)と演技だけで十分楽しめる。実際、あの音楽が気に入って帰国後CD(もちろんオリジナルロンドンキャスト)も買ってしまった。

カウントダウン ... トラファルガ広場のカウントダウンに行って来たが、カウントダウンはなく、いつの間にか新年が明けてしまったという感じ。地下鉄は終わっちゃうので終夜無料で走るバスで帰宅する。

マダムタッソー ... 意外と大きいので半日は楽しめるかな。


ロンドンの街並

ヒースロー空港に早朝着き、その日の朝、パディントン駅周辺をぶらぶらして撮った写真です。白い壁の建物、フラットと言うやつでしょうか。こういうところをぶらぶらするのは好きです。
セブンイレブンもありましたが品揃えがいまいちで、シャンプーも買えなかったような気がする。


左からタワーブリッジ、ハロッズ、バッキンガム宮殿前の広場。
冬で日が短いのですぐ暗くなってしまいます。

シャーロックホームズ博物館の近くのリージェンツパーク(Regent's Park)。
真中の写真は、自分でもとても素晴らしいと思ったので引き伸ばして玄関に飾ってあります。


ビートルズ

イギリスといえばビートルズ!
ロンドンとリバプールのビートルズ関連の写真です。本当はもっとたくさんあるのですがごく一部だけ。

マダムタッソー蝋人形館にて アビーロードの
世界一有名な横断歩道
ここまではロンドン
リバプールのマシューストリート
「ペニーレイン」でも歌われ、今も営業中の床屋 ストロベリーフィールドの入口で このバスでビートルズスポットを廻る。

バース

左はバースアビー(Bath Abbey)。

右は、バース(Bath)の名前の由来にもなったローマンバース(Roman Bath)。残念ながら今は入浴できない。
パンプルームというところで温泉を飲ませてもらったが、かなり硬度が高いと見え、えらく金属っぽくまずかった。


バースから車で1時間ほどのところにあるストーンヘンジ(右の写真)。だだっぴろいところに唐突にこのような巨石が置いてあるのは不思議です。冬で風も強かったので凍えそうだった。



鉄道

イギリスといえば地下鉄発祥の地。ここではアンダーグラウンド(Underground)とかチューブ(Tube)とか言います。丸っこい車体がかわいいです。ロンドンでの移動にはこれが一番便利。


壁紙にありそうな写真ですね。左と中央がパディントン駅、右がリバプール駅にて。
ダイヤ通り動かないので有名なイギリス鉄道ですが、ロンドン(EUSTON)−リバプール間のインターシティは、遅れることもなく快適そのものでした。


人々

大英博物館には、こういうのがいっぱい展示されてます。結構生々しいです。
この壷の価値はよくわからないけど、この人はどうしてこんなに真剣なんだろう。
大英博物館にて
船(Mersey Ferry)に乗り合わせたフレンドリーな子たち。リバプールにて

何かあれば こちら <utino@pobox.com> まで
Back to: Utino's Home.

.

inserted by FC2 system