Roomba(ルンバ)

Sorry, English version is not available

最終更新日: 2005/1/5


走るルンバ

米国滞在中に重宝していたルンバ君(掃除ロボットRoomba)を紹介します。
障害物等自動認識して、階段から転げ落ちることもなく、勝手に掃除してくれるという優れもの。(詳しくはこちら(英語)でデモなどを見てください。)
買った当時(2002/12/17)は、Sharper Imageの店員も品薄みたいなこと言っていたし、まだ日本では入手できないはず、これは自慢できる!! と思ったのだが、ちょうど日本での販売が始まった頃だった。今ではタカラブランドでも販売が開始されたし、ぜんぜんめずらしくなくなってしまった。

追記 (2005/1/5) 米国では新しいルンバ(自分で充電に戻る)が発売されているが、日本で買うとまだ高いから、輸入してしまうのがいいかも。

箱 一式
裏 充電中

さて、しばらく使ってみて分かったことは、以下の通り。
なんでも、このルンバを作っているiRobotっていう会社は、MIT AI LabのRodney Brooks教授とその2人の教え子が設立した会社らしい。Brooks教授ってサブサンプションアーキテクチャ (subsumption architecture)で有名な人だと思うが、その研究成果が活かされているのね。

ルンバでこまめに掃除しよう!

そこに掃除したいごみがあって、それを掃除しようとすると結構いらつくはず。でもそれでルンバの評価を決めしまうのは早すぎる。
ルンバのいいところは、何の労力もなしに、こまめに掃除機がけができること。
これを週2回程度使っていて分かったのは、絨毯の毛、ほこり、髪の毛といったものは日々思いのほか蓄積されるということ。

追記 (2003/11/11) 新たにラインナップに加わったRoomba Pro/Pro Eliteには局所的に掃除する機能 (Spot Mode)が追加されたようだ。そういう需要(不満)って多かったのかも。

ルンバ狂う

実は最初に買ったやつは、遊びに来た妹に持っていかれてしまったので、今使っているのは2つ目。この2号機、買った当初、逆回転したり後ずさりしたりして動作がとても変だった。おそらく何かからまっているとセンサーが誤動作していたのだと思う。あるいは、触覚(ブラシ)がうまく回っていなかったような気もする。週末店に持って行こうと思いつつ、しばらく様子見していたら、なぜか自然に治ってしまった。

その後しばらく快調だったが、何ヶ月かして動作がおかしくなった。こんどは、足(回転ブラシ)に糸状のくずが絡まっていたのが原因だったようだ。足をきれいにしてやったら、また元気になった。

ルンバ弱る (2003/11/11)

ルンバが動かなくなってしまった。フル充電してスイッチ入れても、数秒動いたところですぐバッテリーインジケータが赤くなって電池切れ状態になってしまう。バッテリーの寿命かとも思ったが、まだ1年使っていないし。
ニッケル系バッテリーが弱ったときの常套手段は、フル充電とフル放電を繰り返すこと。まずフル放電させるため、(1)電源オフ、(2)電源オン、(3)部屋サイズのボタンを押し動かなくなるまで動かす、という手順を繰り返してみた。数十回は繰り返したと思うが、驚いたことに普通に動き出してしまった。バッテリーが弱ってバッテリーの特性が変化し、電池切れと誤検出されていたのだろうか?
ともかく、復活してよかった。このましばらく様子を見ることにする。

ルンバアップグレード (2004/1/11)

働く新ルンバ 弱ったルンバ、しばらく様子を見続けたが改善しなかったので、販売店(Sharper Image)に持っていった。
店によると、販売店の保証は180日で、それ以降は修理したかったら直接iRobot社と交渉する必要ありとのこと。しかしながら、差額($50)で Roomba Pro Eliteにアップグレードできるとのこと。それは願っても無いこと。即アップグレードすることにした。
新しいルンバのすごいところ:
でも、新製品が出るたびに差額だけでアップグレード出来たらメーカーも困るはずだし、今回は何でアップグレードしてもらえたのか、いまいち謎。カリフォルニアだから?Sharper Imageだから?iRobot社の指示??

ルンバ日本へ

日本へ連れて来たルンバ、電源の違いは問題なくクリアしている。
問題は今の家があまりに狭く、畳には不安で、結局活躍の場がないこと。しかたなく、実家で使ってもらうことにしている。
そこそこ広い家じゃないとダメですね。

ルンバ輸入 (2004/11/20, 2005/1/5加筆)

ルンバに興味を持った職場の人に言われて、掃除器として試しに導入することになった。最新モデル(Roomba Discovery)は日本で入手できなかったので輸入することにした。(後日分かったことだが、ビックカメラで約8万円で売っている(2005/1現在)。)
amazon.comが簡単かと思ったが、家電系の輸出はNGとのことで、sharperimage.comに注文。2回ほどメールのやりとりが必要だったが、無事届いた。

何かあれば こちら <utino@pobox.com> まで
Back to: 小物, Utino's Home.
inserted by FC2 system